経営改善の考え方

会計で経営改善:前期ベース予算だから、同じことを繰り返す

会計で経営改善

予算 はゼロベースで!

ある世界的飲料企業は、次期予算を立案するとき、前期実績をまったく参考にせず、白紙の状態、ゼロベース予算を編成するとのことです。
実際には、前期データも十分活用していると思いますが、その「コンセプト」は、理解できます。

殆どの企業において「予算編成」の際、前期や前々期など、過去の実績を参考にして、編成します。
実務的な、作業とすれば、それが現実的ですが、やはり「理想」は「ゼロベース」でなければならない、と全く同感です。

ある経営者に聞いたことがあります。

「前期ベースに予算を組むと、結果も前期ベースになる」

成長や改善改革が求められるなら、予算は、ゼロベースで編成すべきですね。

「予算」とは「目標」であって、「予想」や「予測」とは全く違います。

目指すべき、達成すべき目標を数値化したものが「予算」です。
したがって、それは「行動計画」を根拠として編成されなければなりません。

予算=目標を達成するために、どのようなシナリオを書き、どのようにキャスティングするのか?

それを数値化するのが「予算編成」です。
多くは「数字が目的化している」のではないでしょうか?

改めて「ゼロベース予算」という考え方が参考になると思っています。

サイト内検索


このサイトの記事は、参考情報として掲載しているものであり、その目的からあえて平易な表現や、省略した表現などを用いていることがあります。また、例外的な方法などについては言及していない場合もありますので、予めご了承ください。
したがって、記事の内容に関して、万全を期しておりますが、内容や結果を保証するものではありません。これらに起因して発生するいかなる損失についても補償しかねます。
本サイトの記事を参考に何らかの行為を実施される場合は、必ず、事前に税理士等の専門家にご相談ください。