経営改善の考え方

会計で経営改善:利益目標の立て方、5つの事例

会計で経営改善

新しい年度の利益目標(=予算策定)を設定する場合、経営者によって、その方法や考え方は様々です。

その事例をいくつかご紹介しますので参考にしてみてください。

前期実績ベース

よくある方法、前期実績を基準にする方法です。
単純に「前期クリア」であったり「前期比120%」というような具合です。

キャッシュフローベース

キャッシュフローをベースに設定する方法です。
例えば、毎年の返済元金が600万円の場合、実効税率を40%とすると、1000万円の税引前利益が必要です。
税引前利益1000万円-法人税等400万円=税引後利益600万円、これでキャッシュフローはトントンです。
この場合、減価償却費を加味するかどうか、については、する・しない、それぞれの考え方があります。

債務超過ベース

残念ながら、債務超過に陥っていたり、純資産が資本金を下回っている場合、資本回復のためにいくら必要か?という視点で目標設定する方法です。

社長の給与(役員報酬)ベース

社長は、給料をどれだけ必要とするか?をベースに考える方法です。
「社長の役員報酬+経常利益」は、表裏一体です。
「社長の役員報酬+経常利益=1000万円」の場合、社長の役員報酬が1000万円だと、経常利益はゼロ、反対に、経常利益を1000万円とするなら、社長は無給です。

ある、経営者は「自分の給与以上の経常利益」と考えています。
つまり、自分は年俸1200万円を希望するから、会社は、それ以上の経常利益を出す、という設定の方法。

その理由は?と聞くと「経常利益より自分の給料が高い、ということは、半分以上取ってしまっていてカッコ悪い!」と。
「潔いなあ!」と感心した覚えがあります。

将来の貯蓄ベース

「今後、5年間でキャッシュ1億円をためる!」という考え方です。
その場合、毎年、平均で2000万円をためなければなりません。
そこから逆算して「今期は、税引後利益2000万円!」と設定します。

経営者がやる気になれる目標がベスト!

以上のように「目標設定」の方法や考え方は、経営者によって様々ですが、いずれの方法であっても「経営者のモチベーション」との関連が非常に重要です。
つまり、経営者自身が「よし!絶対やるぞ!」と思える方法が最善です。まちがっても「やらなければならない」なんて、経営者自身が「やらされ感」になっていたら、実現確率は上がりません。

他にも方法や考え方はありますが、参考にしてみてください!

サイト内検索


このサイトの記事は、参考情報として掲載しているものであり、その目的からあえて平易な表現や、省略した表現などを用いていることがあります。また、例外的な方法などについては言及していない場合もありますので、予めご了承ください。
したがって、記事の内容に関して、万全を期しておりますが、内容や結果を保証するものではありません。これらに起因して発生するいかなる損失についても補償しかねます。
本サイトの記事を参考に何らかの行為を実施される場合は、必ず、事前に税理士等の専門家にご相談ください。