貸借対照表

会計で経営改善:内部留保10%を10年続けると会社はつぶれない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
会計で経営改善

改めて「黄金比率」を確認してみましょう。
マーカスが、オススメしている収益体質の「黄金比率」は、

  • 限界利益を100とした場合
  • 人的コスト+運営コスト=70以内
  • 経営コスト=10以内
    なので

  • 税引前純利益=20
    となります。

この「税引前純利益」に、課税されるので
(実際は40%程度ですが)半分=10が納税で流出し、
納税後、会社には10の内部留保が増加することになります。

つまり「限界利益(粗利)の10%」を「内部留保しましょう」という比率です。

ということは・・・

タイトルにあるように
「限界利益の10%の内部留保を10年続ける」と
「マルマル1年分の限界利益が内部留保される」ということになります。

1年間、まったく売上が途絶え、
限界利益がゼロであったとしても、
コストを賄うことができる、という状態になります。

つまり「1年間は潰れない会社」になるのです。

限界利益(粗利)の1年分を溜める」・・・一つの目標設定としてご検討ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト内検索


このサイトの記事は、参考情報として掲載しているものであり、その目的からあえて平易な表現や、省略した表現などを用いていることがあります。また、例外的な方法などについては言及していない場合もありますので、予めご了承ください。
したがって、記事の内容に関して、万全を期しておりますが、内容や結果を保証するものではありません。これらに起因して発生するいかなる損失についても補償しかねます。
本サイトの記事を参考に何らかの行為を実施される場合は、必ず、事前に税理士等の専門家にご相談ください。