節税の正しい視点

節税:「雑な決算」で損をしてませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
節税

雑な決算をやめるだけで節税できる

世間で「節税」といわれる様々な方法ですが、そのほとんどが「当たり前」のことです。
つまり、きめ細かく「正しい決算」をしていれば、当然の納税額で済むところ「雑な決算」だから、余分な税金を納めている、という例が少なくありません。

「雑な決算」で「払わなくてよい余分な税金」を
「正しい決算」で「当然の納税額」にすることを
「節税」というのは、違和感があります。

どちらかというと「納税額の修正」ですよね。

「雑な決算」の事例をいくつかをご紹介しましょう。

節税でも何でもない、当然の処理方法の事例

    • 貸倒引当金(1)

売掛金や貸付金などの債権の全てに「貸倒引当金」を設定し、計上していますか?

雑な決算の例=「立替金」や「貸付金」など、売掛金以外の債権への引き当てが漏れている。

    • 貸倒引当金(2)

安易に「法定繰入率」で設定していませんか?

雑な決算の例=「貸倒実績率」の方が有利なのに「法定繰入率」で引き当てしている。

    • 貸倒引当金(3)

「不良債権」に対する引き当ては「個別評価」していますか?

雑な決算の例=「不良債権」「滞留債権」も「一般債権」と一緒に「一括処理」されている。

(参考:国税庁)https://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5320.htm

    • 有価証券

決算期末において「下落」している有価証券の「評価損」は計上されているか?

雑な決算の例=期末時価が下落して「含み損」を抱えているのに「未処理」。

(参考:国税庁)https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/hojin/02/02_03_05.htm

(参考:国税庁)https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/hojin/09/09_01_03.htm

    • 棚卸資産(在庫)

いわゆる「不良在庫」として「時価」が下落している場合「評価損」が計上されているか?

雑な決算の例=時価が下落していて回復の見込みが無いのに「仕入値」で計上されている。

(参考:国税庁)https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/hojin/09/09_01_02.htm

    • 仮払金

全ての「経費」は、損金処理できているか?

雑な決算の例=経費精算できるにも関わららず決算書に「仮払金」が、未処理のまま残留している。

    • 固定資産(1)

「幽霊資産」が計上されていないか?

雑な決算の例=すでに売却・除却・廃棄しているのに帳簿に残っている。

(参考:国税庁)https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/hojin/07/07_07_01.htm

    • 固定資産(2)

「遊休資産」が計上されていないか?

雑な決算の例=決算期末までに「売却処分」すれば「売却損」が計上できるのに、無意味に保有したまま。

(参考:国税庁)https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/hojin/07/07_07_01.htm

    • 固定資産(3)

特別償却や税額控除の特例は漏れなく適用できているか?

雑な決算の例=特別償却や税額控除ができる資産なのに、一般の資産と同様の減価償却している。

(参考:国税庁)https://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/houji313.htm

    • 買掛金・未払金等

いわゆる「帳端(ちょうは)」は漏れなく計上されているか?

雑な決算の例=「請求書ベース」で買掛金が計上されており「帳端」が漏れている。

    • 給与

給与の「帳端(ちょうは)」は、計上されているか?

雑な決算の例=例えば、給与計算の締日が20日の場合、21日~決算期末までの約10日分の計上が漏れている。

    • 社会保険

未払の社会保険料は、計上されているか?

雑な決算の例=いわゆる「現金主義」で計上されており、未払分の計上が漏れている。

    • 決算賞与

決算後に支払う「決算賞与」が未払計上されているか?

雑な決算の例=決算日以後1カ月以内に支払われる等、要件を満たしているのに未払計上が漏れている。

    • 資本金

減資の必要性は無いか?

雑な決算の例=必要以上の資本金となっており、地方税の負担が割高になっている。

まとめ:本末転倒になってないか?

上記のように、当たり前の決算処理をせず、雑な決算で過剰になっている納税額を抑えるために、決算直前に余分な経費を使ったり、節税目的の生命保険を買ったり、時には「脱税」に手を染めたり・・・そんな本末転倒になっているケースは、少なくありません。

その中でも、悶々としてしまうのは、経営者自身が気が付いていないケース。

つまり、決算を税理士に任せっきりにしているため「信じるしかない」という状態です。
是非、経営者ご自身が、会計の勉強をしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト内検索


このサイトの記事は、参考情報として掲載しているものであり、その目的からあえて平易な表現や、省略した表現などを用いていることがあります。また、例外的な方法などについては言及していない場合もありますので、予めご了承ください。
したがって、記事の内容に関して、万全を期しておりますが、内容や結果を保証するものではありません。これらに起因して発生するいかなる損失についても補償しかねます。
本サイトの記事を参考に何らかの行為を実施される場合は、必ず、事前に税理士等の専門家にご相談ください。