資金繰り

会計で経営改善:キャッシュを蓄えるために収支分岐点をクリアすべし!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
決算書の見方

損益分岐点も大切ですが・・・

収支分岐点

貴社の損益分岐点を「即答」できますか?
黒字を出すための「毎月の必要売上高」です。

計算方法は・・・
毎月の固定費÷限界利益率=損益分岐点売上高です。

毎月の
・固定費が1000万円、
・限界利益率が20%
であれば毎月5000万円の売上高が必要ですね。

しかし、5000万円を達成しても「トントン」・・・少々危なっかしい。
もし、1億円あれば「すごく安心」ですね。

企業の「安全性」を見る指標に「損益分岐点比率」というのがあります。

上記の例では、
(実際の売上高:1億円)÷(分岐点売上高:5000万円)=200%
・・・100%を超えているので「安全」という理屈です。

逆に、実際の売上高が4000万円しかなければ、80%というように、
100%を下回ると「赤字」なので「安全でない」ということになります。

収支分岐点のほうが大切!

損益分岐点を超えているのに、つまり、黒字なのにキャッシュが苦しい、ということはありませんか?
その理由は、損益分岐点の計算が「固定費」をベースにしているからですよね。

「固定費」と「固定支出」は似て非なるもの・・・キャッシュフローを計算するときには、固定支出の代表「借入金の返済」も加味して計算しなければなりません。
つまり「損益分岐点」だけじゃなく「収支分岐点」も把握する必要があります。

もし、固定費1000万円の他に毎月200万円を返済しているすれば、毎月出ていくキャッシュは1200万円です。
これをカバーするには、上記の例では、さらに1000万円が必要です。
つまり、出ていくキャッシュを賄おうとすれば毎月6000万円の売上が必要ですね。

6000万円×限界利益率20%=アラリ1200万円
固定費で1000万円、返済で200万円・・・それで「トン」。

正確には減価償却や納税も加味して計算しなければなりませんが、
経営の「概要」をつかむには、ラフでイイので「収支分岐点」を把握しておきましょう!

経営者が覚えておくべきキーワード


キャッシュを蓄えるために収支分岐点をクリアすべし!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

管理会計レポートサービス「マーレポ」

マーレポは、管理会計によるマネジメントレポート作成サービスです。
試算表や決算書ではわからない経営課題が明確になります。
独自の管理会計(マネジメント会計)の手法でレポートを作成し、毎月お送りします。
利用方法は簡単!
弥生会計から出力されるエクセルデータをメール送信するだけ!
月額利用料は、38,800円+消費税。
是非、この機会にご検討ください。


詳しくはこちらへ!

サイト内検索


このサイトの記事は、参考情報として掲載しているものであり、その目的からあえて平易な表現や、省略した表現などを用いていることがあります。また、例外的な方法などについては言及していない場合もありますので、予めご了承ください。
したがって、記事の内容に関して、万全を期しておりますが、内容や結果を保証するものではありません。これらに起因して発生するいかなる損失についても補償しかねます。
本サイトの記事を参考に何らかの行為を実施される場合は、必ず、事前に税理士等の専門家にご相談ください。