貸借対照表

会計で経営改善:自己資本の目標設定をせよ!

コンサルティング

自己資本、くどいようですが何度でも言います

マーカスは「自己資本」について、日頃からうるさく言っているので「くどいなあ~」と思われるお客様も多いのではないか?と少々心配ですが・・・。

しかし、それくらい「自己資本」が、重要なので改めてご確認ください。

自己資本額と自己資本比率

「自己資本」は「額」「率」の二つの見方があります。
右の場合、
・自己資本の額=20億円、
・自己資本の率=20%となりますね。

一般的に、自己資本比率は、20%以上が望ましいと言われていますが、あくまでも目安であり、自己資本の「額」と両面で見ておく必要があります。

自己資本”比率”を上げる!

自己資本比率を上げるためには、二つの方法があります。
自己資本合計÷総資産合計=自己資本比率
という、計算式なので、
・自己資本を増やすか、
・総資産額を減らすか
となります。
例えば、期末に大きな借入をすると、預金残も借入残も増加するので、自己資本の額は変わりませんが、率は低下します。
もし、自己資本比率が、何かの評価対象になっているならば、期末には、借りるより返済する方を選択しなければなりません。つまり、貸借対照表をコンパクトにすればするほど、自己資本比率は向上することになります。
このように考えると、
1)余剰資金は返済する
2)過剰在庫を持たない
3)含み損益が少ない遊休資産は処分する
などにより総資産を圧縮できれば自己資本比率は向上します。

自己資本”額”を上げる!

「率」ではなく「額」を上げる方法は「利益を出す」か「増資する」の二つのみです。
中小企業の場合「増資」も簡単ではないため、「利益を出す」しかありません
コツコツと利益を出し、自己資本を積み上げていくのです。

当然、ここで言う「利益」は「税引き後利益」ですから、相応の納税もしなければなりませんが、自己資本額=内部留保を厚くするほど、企業の「財務体質」は、強化され、安全性・攻撃性・信用力が増します。

いわゆる「節税」に目を奪われると「なるべく納税を抑える」という企業行動となりがちですが、その反動として「自己資本=内部留保」は、なかなか蓄積されない、というデメリットも生じます。
思案のしどころです。

長い目で企業経営を考える場合、充分な内部留保を蓄積することは、充分なメリットがあります。
改めて、「自己資本額=内部留保」に着目し、目標設定をしてほしい、と考えています。

サイト内検索


このサイトの記事は、参考情報として掲載しているものであり、その目的からあえて平易な表現や、省略した表現などを用いていることがあります。また、例外的な方法などについては言及していない場合もありますので、予めご了承ください。
したがって、記事の内容に関して、万全を期しておりますが、内容や結果を保証するものではありません。これらに起因して発生するいかなる損失についても補償しかねます。
本サイトの記事を参考に何らかの行為を実施される場合は、必ず、事前に税理士等の専門家にご相談ください。