貸借対照表

会計で経営改善:潰れないために10年後にどれだけ「貯蓄」するか?

会計で経営改善

潰れない会社作り=貯蓄を目標とする視点

会計を活用した「目標設定」のひとつの視点である「貯蓄目標」をご紹介します。

事業計画や経営計画を立案するとき、多くの場合が「当期利益」を目標とします。
それは決して間違いではありませんが「通過点」にすぎません。

「もう少し先」を見る「視点」です。

それは「内部留保」。簡単に言えば「貯蓄目標」です。

10年後、キャッシュはいくら欲しいですか?

「10年後、いくら必要ですか?」
「10年後、いくら欲しいですか?」

マーカスが一つの目安としているのは「限界利益の1年分」です。

つまり、1年分の「粗利」を内部留保すれば、万が一、1年間「売上がゼロ」でも潰れない会社とすることができます。

大企業とは違い、中小オーナー企業の場合、社長に万が一があれば、たちまち「足元が揺らぐ」ということが大半です。
その「万が一」のための「内部留保」です。

1億円を内部留保するための必要利益

例えば・・・

1億円の内部留保のためには、
1億円÷(1-税率40%)=約1億7000万円の利益が必要です。

これを10年で貯める、ということは

毎期の損益計算書は・・・

税引前利益:1700万円
法人税等 : 700万円
———————-
税引後利益:1000万円
======================

となります。

これを10年続ければ1億円の内部留保を作ることができます。

もし、5年で遂げるには、倍のスピード、
20年で遂げるなら、半分のスピードです。

「それは無理!」と考えるのではなく「1億円の内部留保があれば」と考えることが大切です。

節税の危うさ

上記でご理解いただけると思いますが、内部留保は「税引後利益」の積み重ねです。
つまり、納税をしないと内部留保を増やすことはできません。
節税を誤ると、せっかくの内部留保が「流出」してしまいます。
企業経営を「長い目」で見る必要があります。

サイト内検索


このサイトの記事は、参考情報として掲載しているものであり、その目的からあえて平易な表現や、省略した表現などを用いていることがあります。また、例外的な方法などについては言及していない場合もありますので、予めご了承ください。
したがって、記事の内容に関して、万全を期しておりますが、内容や結果を保証するものではありません。これらに起因して発生するいかなる損失についても補償しかねます。
本サイトの記事を参考に何らかの行為を実施される場合は、必ず、事前に税理士等の専門家にご相談ください。