売上高

会計で経営改善:損益分岐点の落とし穴、売上を追うな!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
会計で経営改善

収益改善 – 限界利益の黄金比率と必達ライン


限界利益
100

70

人的
コスト

運営
コスト
1

必達
限界
利益
黄金比率とは、
限界利益(アラリ)を
100とした場合の
最適配分を表したものです。

継続的に
内部留保を積み重ね
強固な財務体質を築いている企業に
共通している割合です。

1
1
1
1
1
1
創造
付加価値
10
経営
コスト
1
10
納税
1
10
内部留保
1

大きな落とし穴とは?

限界利益
経営者にとって「黒字と赤字の境界線」である
損益分岐点」を知ることは
非常に重要であることは言うまでもありません。

当然、多くの経営者が
「当社の損益分岐点は***円だ」
と答えますが、一つ大きな「落とし穴」があります。

それは、世間一般で言われている
「損益分岐点」が「売上高」を指している
ところにあります。

お分かりのように「売上高は達成」しても「粗利の率が想定以下」となれば黒字には及びません。
損益分岐点は「売上高」ではなく「粗利=限界利益」で把握しておく必要があります。

要は限界利益の「必達ライン」

「売上高」は、目的ではなく「手段」に過ぎません。
最もナンセンスなのは「売上目標」を達成するために「値引き販売」を行うようなケースです。
値引き販売すればするほど「限界利益率」は低下していきます。

そもそも「損益分岐点」とは「黒字と赤字の境界線」であり、その本質は「固定費をカバーするだけの粗利=限界利益」のことです。
固定費を上回る限界利益を稼げば黒字、固定費を下回れば赤字というシンプルな話です。
つまり「損益分岐点を知ること」は、取りも直さず「固定費を知ること」に他なりません。

変動費と固定費を区分する

したがって、コストを「変動費」と「固定費」に区分することが重要です。
「変動費」の代表的なものは、仕入や外注費ですが、その他にも
・通販業における、荷造運搬費
・代理店手数料や販売手数料
・飲食業における、容器・包装代
などがあります。
これらは、売上の増減により増減するので「固定費」ではありません。人的コストや、家賃などの運営コスト、経営コストなど、売上と直接連動しない「固定費」を知ることが、損益分岐点を知ることになるのです。

経営者が覚えておくべきキーワード

  • 売上は手段!目的は利益!
  • 損益分岐点とは、固定費をカバーするための粗利=限界利益である
  • コストは、変動費と固定費に区分して管理すべし!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

管理会計レポートサービス「マーレポ」

マーレポは、管理会計によるマネジメントレポート作成サービスです。
試算表や決算書ではわからない経営課題が明確になります。
独自の管理会計(マネジメント会計)の手法でレポートを作成し、毎月お送りします。
利用方法は簡単!
弥生会計から出力されるエクセルデータをメール送信するだけ!
月額利用料は、38,800円+消費税。
是非、この機会にご検討ください。


管理会計レポートサービス「マーレポ」

サイト内検索


このサイトの記事は、参考情報として掲載しているものであり、その目的からあえて平易な表現や、省略した表現などを用いていることがあります。また、例外的な方法などについては言及していない場合もありますので、予めご了承ください。
したがって、記事の内容に関して、万全を期しておりますが、内容や結果を保証するものではありません。これらに起因して発生するいかなる損失についても補償しかねます。
本サイトの記事を参考に何らかの行為を実施される場合は、必ず、事前に税理士等の専門家にご相談ください。