会計を活用して経営改善を行うヒント集

会計には経営を改善するヒントがたくさん隠れています。
中小企業だからこそ、もっと会計を活用し、収益性を改善し、キャッシュフローを高めましょう。
決算書(貸借対照表・損益計算書)から、どんなヒントを得れば良いのか?
大阪の税理士、マーカス経営会計事務所の30年に及ぶ事例からそのエッセンスをご紹介します。

貸借対照表

会計で経営改善:増資は、得か?損か?

決算書の見方

「増資」は得か?損か? そもそも、中小企業において「増資」は、得でしょうか?損でしょうか? (メリット)バランスシートの改善、信用力アップ (デメリット)納税負担が増えることがある 「税負担の増加」をペイできるなら 「増 […]

経営改善の考え方

会計で経営改善:黒字企業の大半が「毎月試算表を作成している」という現実!

税理士

お客様の「黒字比率」を高めたい アベノミクスの効果は賛否両論あるところですが、 いずれにしても「経済環境の変わり目」であることは間違いなさそうです。 中小企業は、今一度「収益体質」をチェックし、 必要な改善を実行すべき時 […]