決算書の見方

決算書の見方:利益なんて「何とでもなる!」というカラクリ!

決算書の見方

利益は、何とでもなる?!中小企業の決算書の「実態」

我々、会計事務所で働く者は、中小企業の決算書の「利益を信じていません」・・・
とは言い過ぎ?でしょうか。。。

上場企業の決算書と決定的に違うのは
「第三者のチェック」が入っていない
というところです。

上場企業ならば、公認会計士による「監査」を経て公開されていますから、
原則として「一般に公正妥当とされる会計基準」に準拠して作成されています。
ですから、一定の「信用」があるのです。

それに対して、上場していない企業の決算書は、
会社と顧問税理士という「内輪」で作成されており、
第三者のチェックが働いていません。

我々が言うのもヘンですが、税理士が作成した決算書の多くには「いろんな細工」がしてあるものです。

「経常利益」は何の役にも立たない

下記の決算書を見比べてみましょう。

  • A社:売上高1億円:経常利益1000万円
  • B社:売上高1億円:経常利益3000万円

両社とも、売上高は、同じですが、
B社はA社の3倍もの経常利益を計上しています。
これだけを見ると、B社の方が利益が多く、収益性が高いように見えます。
しかし、追加情報として・・・

  • A社:役員報酬:5000万円
  • B社:役員報酬:1000万円

だとすると、どうですか?
「役員報酬をゼロ」として仮定すると、

  • A社:経常利益:6000万円
  • B社:経常利益:4000万円

というように、B社に比べて、A社は、1.5倍の経常利益、ということになります。

役員報酬をいくらにするかは「原則自由」なので、この例だと実は、A社の方が「儲かってる」ということになります。

以上で分かるように
「役員報酬の決め方で、利益は増えたり減ったりする」
というのが実態です。

「減価償却」は自由(?)

同様のことが「減価償却」でも言えます。

  • A社:売上高1億円:経常利益1000万円
  • B社:売上高1億円:経常利益3000万円

前述と同じ例で考えましょう。
A社は「減価償却を満額」しているのに対して、
B社は「償却をしていない」とすると、
B社は、A社の3倍もの利益を計上していますが、
その実態は「しなければならない償却をしていない」からであって「粉飾決算」ということになります。

その他にも・・・

例えば、赤字なので、禁断の粉飾決算に手を染めたとしましょう。
最も簡単なのは、在庫の水増しや、売上の前倒し計上です。
それで「損益計算書」は、たちまち「黒字」に変身できるものです。
しかし、その反動は「貸借対照表」に現れます。
・昨年と比べて、在庫が多いな・・・
・不良債権でもあるのかな?売掛金が多いぞ・・・
など、匂ってきます。

反対に、脱税の誘惑に負けた時も同様です。
売上の一部を削れば、その瞬間、利益は圧縮されます。
あるいは、仕入を水増しする、在庫を隠す・・・などなど。

伝票一枚、仕訳一つで利益は増えたり減ったりします。

つまり「利益は何とでもなる」のです。

しかし、その反動は「貸借対照表」に現れたり、前期比較すると、利益率のバランスを崩していたりなど、その「形跡」が残ります。

プロの目は誤魔化せない

会計のプロは上記のような視点で見ています。
決算書の体裁をどれだけ繕っても、プロの目は誤魔化すことはできません。
「会計のプロ」は、我々税理士だけではなく「国税局や税務署」「銀行マン」「取引先の経理マン」など、彼らも、同様のチェックポイント・視点を持っています。
他にも「概算でキャッシュフローをみる方法」「資金のスピードをみる方法」「資金の滞留場所をみる方法」などがあります。
売上高や利益を操作しても、殆どの場合「匂います」。
「対処療法」では、何ともならない「現実」なのです。

改めて「バレバレの決算書」になっていないか、顧問税理士に確認してみてください。

自社の決算書を徹底理解するチャンス!

あなたは自社の決算書を「熟読」したことがありますか?
「利益と税金」だけを見て、あとは、キャビネットに「永久保存」されていませんか?
顧問税理士に「経営目線」で納得のいく説明をしてもらっていますか?

「会計」に曖昧だと「経営」も曖昧になってしまいます。

もし、決算書を「熟読」したことがないなら、
是非「直近2期分の決算書」を持参して、
マーカスまでお越しください。

マーカスの代表・税理士、堀井が
直々に120分たっぷりと
「決算書レビュー(解説)」を「その場」で行い
「社長の決算書熟読のサポート」
を行います。

経営者として「決算書のどこを見ればいいのか?」をご理解いただけます。


  • 貴社の決算書を銀行はどう見てるか?
  • 印象は良いのか?悪いのか?
  • どんな収益構造なのか?
  • どんな財産構造なのか?
  • 安全なのか?危険なのか?
  • 今後、どうすればいいのか?

などをわかりやすく説明します。

費用は、初回に限り3万円+消費税です。

お待ちしております。

決算書熟読サポートのお申込みはこちらから

サイト内検索


このサイトの記事は、参考情報として掲載しているものであり、その目的からあえて平易な表現や、省略した表現などを用いていることがあります。また、例外的な方法などについては言及していない場合もありますので、予めご了承ください。
したがって、記事の内容に関して、万全を期しておりますが、内容や結果を保証するものではありません。これらに起因して発生するいかなる損失についても補償しかねます。
本サイトの記事を参考に何らかの行為を実施される場合は、必ず、事前に税理士等の専門家にご相談ください。