税理士

職人になりたい!

税理士という職業

最近「職人」という言葉を再考しています。

実は、若いころ「職人」という言葉をあまり良い意味で使っていませんでした。
どちらかというと
「ビジネス度外視で技に溺れる人」
「採算も考えず、マイペースな人」
というようなニュアンスで使っていました。
「売れてナンボ!売れなければ技術もへったくれもない!」てな感じです。

今は、勘違いも甚だしい!と、そんな意味で使っていた自分に自己嫌悪です。

様々な「伝統の技」の後継者が少なくなり、消えていく技も少なくない、と聞きます。
かつて、そのような「技」が、今のニッポンを築いた、と言っても過言ではないでしょう。
様々な分野で活躍される職人さん達の技術力が「モノづくり日本」を支えていたのです。

「生産性」「効率性」を追求し、ヒトから機械へ仕事がシフトし、
一見「技術の進歩」が「人類の進歩」のように語られますが、
実は、どんどん「人類は退化」している、と思っています。

改めて「技を追求する職人」の姿に学ぶことが多いような気がします。

かくいう自分も「会計職人」と呼ばれたい、と思うようになりました。
「堀井に会計を設計させると右に出るものはいない」というような存在になりたい、と思います。
自分でつくる経営管理フォーマットを「作品」と言えるようなレベルにしたい、と思います。

「職人」という言葉が、いつのまにか自分の中で「憧れの言葉」となっている自分に気づきました。
「品質」の行きつく先、と思います。

「職人」になります。

この記事を書いた マーカス代表 堀井弘三

税理士 堀井弘三
HIROMI HORII


  • 近畿税理士会東支部所属

  • マーカス経営会計事務所 代表

  • 株式会社マーカス・マネジメント 代表取締役

  • 経営管理会計アドバイザー

  • 1961年11月京都生まれ、B型、さそり座。

  • 1989年28歳で税理士登録、1999年8月37歳で大阪市北浜で独立開業

  • 趣味は、ローリングストーンズとウォーキング。

  • 毎日更新ブログ「堀井雑感」

  • インタビュー記事

  • 詳しいプロフィール






毎日更新ブログ「堀井雑感」にアクセス

サイト内検索


このサイトの記事は、参考情報として掲載しているものであり、その目的からあえて平易な表現や、省略した表現などを用いていることがあります。また、例外的な方法などについては言及していない場合もありますので、予めご了承ください。
したがって、記事の内容に関して、万全を期しておりますが、内容や結果を保証するものではありません。これらに起因して発生するいかなる損失についても補償しかねます。
本サイトの記事を参考に何らかの行為を実施される場合は、必ず、事前に税理士等の専門家にご相談ください。