決算書の見方

決算書の見方:流動比率なんて役に立たない?

決算書の見方

流動比率で安全性がわかる?

決算書の見方・読み方で大切な「安全性」の視点。
中でも貸借対照表(バランスシート)を見ると、その会社の「安全性」がわかると言います。
その時に必ず登場するのが「流動比率」。
流動比率が高いと、その会社の安全性は高い」と言われます。
銀行に融資を申し込むと「過去の決算書」の開示を求められますが、その理由の一つでしょう。

でも・・・本当にそうでしょうか?

一年基準=「流動」か「固定」か?

「流動比率」の前に、少し「基本の復習」をしておきましょう。

貸借対照表(バランスシート)を見ると「流動」と「固定」という区分があります。
会計の世界ではワンイヤールール(一年基準)という考え方があり
「1年以内か」「1年を超えるか」という区分をします。

原則的な考え方は・・・
「流動」=1年以内に、資金化または費用化されるもの
「固定」=上記以外のもの。
となっています。

「流動資産」と「流動負債」

ワンイヤールールによると、

「流動資産」は、1年以内以内にキャッシュ化されるか、費用化される資産ということになります。

反対に、

「流動負債」は、1年以内に、支払・返済しなければならない負債ということになります。

これを対比させて計算するのが「流動比率」です。

流動資産
————×100%=流動比率(%)
流動負債

この「流動比率」は、
・200%以上が望ましいとされ、100%を下回ると危険
・数値が大きいほど、支払いの安全性が高い
と一般的には評価されます。

「流動比率」はインチキ?!

下記のバランスシートを見てみましょう。

貸借対照表
資産の部 負債の部
流動資産 流動負債
10,000 5,000

この会社の流動比率は、200%になります。
さて、この会社は「安全」でしょうか?
前述したように、一般的には「安全性は高い」とされます。

しかし、この「流動資産10,000」の内容も見ないで判断できるでしょうか?

もし、この資産の大半が「不良債権」などの回収可能性が低い資産、「前払費用」などのように、費用化を待っている資産、なのであれば、ほとんど「オカネは無い」ということになります。

ですから、表面的な「流動比率」は、実際にはあまり役に立ちません

だから「キャッシュ」をみる!

じゃあ、何を見ればよいのか?

ズバリ「キャッシュ」です。

「流動資産」を「合計」で見るのではなく、
その中の「来期に資金化されるものだけ」をピックアップし「流動負債」と比べます。

企業の「(支払いの)安全性」を見ようとすれば、
「来期に資金化する金額はいくらなのか?」という点に注目して、
「来期に支払いまたは返済する金額」と比較しなければならないのです。

ですから「流動比率」ではなく

【一年以内に資金化する金額】←?→【一年以内に返済・支払する金額】

をチェックしましょう。

さて、貴社の状態は如何ですか?

自社の決算書を徹底理解するチャンス!

あなたは自社の決算書を「熟読」したことがありますか?
「利益と税金」だけを見て、あとは、キャビネットに「永久保存」されていませんか?
顧問税理士に「経営目線」で納得のいく説明をしてもらっていますか?

「会計」に曖昧だと「経営」も曖昧になってしまいます。

もし、決算書を「熟読」したことがないなら、
是非「直近2期分の決算書」を持参して、
マーカスまでお越しください。

マーカスの代表・税理士、堀井が
直々に120分たっぷりと
「決算書レビュー(解説)」を「その場」で行い
「社長の決算書熟読のサポート」
を行います。

経営者として「決算書のどこを見ればいいのか?」をご理解いただけます。


  • 貴社の決算書を銀行はどう見てるか?
  • 印象は良いのか?悪いのか?
  • どんな収益構造なのか?
  • どんな財産構造なのか?
  • 安全なのか?危険なのか?
  • 今後、どうすればいいのか?

などをわかりやすく説明します。

費用は、初回に限り3万円+消費税です。

お待ちしております。

決算書熟読サポートのお申込みはこちらから

サイト内検索


このサイトの記事は、参考情報として掲載しているものであり、その目的からあえて平易な表現や、省略した表現などを用いていることがあります。また、例外的な方法などについては言及していない場合もありますので、予めご了承ください。
したがって、記事の内容に関して、万全を期しておりますが、内容や結果を保証するものではありません。これらに起因して発生するいかなる損失についても補償しかねます。
本サイトの記事を参考に何らかの行為を実施される場合は、必ず、事前に税理士等の専門家にご相談ください。