節税の正しい視点

節税:将来に繋がる節税チェックリスト

節税

節税すれば、どんどんキャッシュが減っていく?

(税理士)「社長、なぜ、節税したいのですか?」
(経営者)「もちろん、キャッシュがもったいないからだよ」
(税理士)「どんな、節税を考えているのですか?」
(経営者)「たとえば・・・

  • ちょっと豪華な慰安旅行
  • そこでは、ストレス発散のため飲めや歌えの大宴会だ!
  • あと、せっかくだから、高級車に乗り換え
  • まだ、余裕があれば、事務所も移転しようかな・・・

なんて、考えているよ」

賢明な皆さんなら、おわかりのように、キャッシュのために節税と言っているくせに、これでは、キャッシュは底をついてしまいますよね。
将来の売上に繋がらない「一方通行経費」や「固定費が増加する経費」は、内部留保が細るだけの場合があるので、健全経営の為に控えましょう。

無駄遣いは本末転倒

上記のように、決算を間近に控え
「思った以上に税金が多いなあ」
「できれば、節税したいなあ~」
「よし!経費を使おう!」
というケースはよくある話です。

しかし「無駄遣い」すれば「本末転倒」です。
どうせ、経費を使うなら有効に賢く使いましょう。

期末に検討する「将来に繋がる節税」チェックリスト

(スマートフォンの方は横画面でご覧下さい)

パターン 注意点 備考
来期以降に「売上」として返ってくる「ブーメラン経費」 ・海外視察旅行や市場調査等の情報取得費用・広告宣伝費・WEBサイトのリニューアル 商品パンフの作り置き、資産性のWEB構築などの場合は「資産」となり、経費処理できないことがあるので注意。
社員・従業員の継続的なモチベーションアップ ・慰安旅行・各種研修・次期経営方針発表会・健康診断
利益分配 ・決算賞与 全体の人事政策の中での必要性を事前に検討することが重要 いきあたりばったりの臨時賞与はNG!
近い将来に予定していた経費を先行支出 ・各種修理修繕・備品の買い替え・インターネット環境の改善 不相応な高級車への乗り換え等は感心しません。
ブランド力向上 ・PマークやISO取得
前払の検討 ・家賃・リース料 毎期継続適用等の短期前払費用の要件の確認 効果は初年度だけ。

(ご注意)

この記事は、掲載日現在の法令等に従って作成しています。あくまでも参考情報としてご覧ください。実際の適用や判断については、必ず事前に顧問税理士など専門家の指導を受けてください。この記事により閲覧者の方に発生するいかなる不都合、損害についても弊社は一切の責任を負いません。ご留意のほど、よろしくお願いいたします。

この記事を書いた マーカス代表 堀井弘三

税理士 堀井弘三
HIROMI HORII


  • 近畿税理士会東支部所属

  • マーカス経営会計事務所 代表

  • 株式会社マーカス・マネジメント 代表取締役

  • 経営管理会計アドバイザー

  • 1961年11月京都生まれ、B型、さそり座。

  • 1989年28歳で税理士登録、1999年8月37歳で大阪市北浜で独立開業

  • 趣味は、ローリングストーンズとウォーキング。

  • 毎日更新ブログ「堀井雑感」

  • インタビュー記事

  • 詳しいプロフィール






毎日更新ブログ「堀井雑感」にアクセス

サイト内検索


このサイトの記事は、参考情報として掲載しているものであり、その目的からあえて平易な表現や、省略した表現などを用いていることがあります。また、例外的な方法などについては言及していない場合もありますので、予めご了承ください。
したがって、記事の内容に関して、万全を期しておりますが、内容や結果を保証するものではありません。これらに起因して発生するいかなる損失についても補償しかねます。
本サイトの記事を参考に何らかの行為を実施される場合は、必ず、事前に税理士等の専門家にご相談ください。