経営改善の考え方

会計で経営改善:収益力を観察するときの視点・・・利益には2種類ある!

会計で経営改善

企業の収益力、つまり「稼ぐ力」があるかどうか?を観察するときの大切な視点があります。
それは「利益(損失)には2種類ある」という視点です。

その2種類とは「外部要因損益」と「内部要因損益」です。
文字通り、外部・社外の理由や原因によって出た損益と、内部・社内の理由や原因によって出た損益です。

外部要因損益

外部・社外の理由や原因によって出た損益には、下記のようなものがあります。

  • 景気の変動による損益
  • 為替の変動による損益
  • 災害や事故により発生した損益
  • 特需を原因として発生した損益
  • 法律の改正等によって発生した損益
  • 同業他社の撤退によって発生した損益

内部要因損益

内部・社内の理由や原因によって出た損益には、下記のようなものがあります。

  • 営業努力によって拡販して発生した利益
  • 生産性の改善による利益率のアップ
  • コスト削減努力によって発生した利益
  • 管理不行き届き等による事故により発生した損失
  • 新製品の開発、販売によって発生した損益

全く同じ利益の2社を比較

利益
下記のA社とB社の経常損益は、まったく同額ですが、印象が違うはずです。
A社もB社と同様に50の経常利益を計上していますが、その中には為替差益が20含まれています。
つまり「外部要因損益」が含まれているのです。
営業利益を比較してみると、A社の営業利益率は30%であるのに対し、B社は50%です。
この例を見る限り、B社の方が「稼ぐ力を持っている」と判断できます。

しかし、一般的には「外部要因損益」と「内部要因損益」を区別することなく「経常利益率」で判断しがちです。

要因別損益計算書

要因別損益計算書

フォーマットのサンプルをご紹介します。
損益計算書を「外部要因損益」と「内部要因損益」に区分したフォーマットです。
この例によると、一見、予算を達成しているように見えますが、外部要因損益が4,800千円なので、内部要因損益は、予算未達、ということが分かります。
「おかげさまで、今期も予算を達成しました。みなさん、お疲れ様でした」という挨拶があれば、違和感があるはずです。
「なんとか、予算は達成しましたが、それは、****の外部要因があったためで、実際は、約60%の達成率でした」というコメントが適切です。
また、反対に、内部要因損益では達成していたのに、為替変動などの外部要因で予算に届かなかった、というようなケースもあるでしょう。

まとめ

以上のように、決算書を「鵜呑み」することは、判断や評価を誤る恐れがあります。
どんなときも、その「数字の裏側」を見る視点が非常に大切なのです。

この記事を書いた マーカス代表 堀井弘三

税理士 堀井弘三
HIROMI HORII


  • 近畿税理士会東支部所属

  • マーカス経営会計事務所 代表

  • 株式会社マーカス・マネジメント 代表取締役

  • 経営管理会計アドバイザー

  • 1961年11月京都生まれ、B型、さそり座。

  • 1989年28歳で税理士登録、1999年8月37歳で大阪市北浜で独立開業

  • 趣味は、ローリングストーンズとウォーキング。

  • 毎日更新ブログ「堀井雑感」

  • インタビュー記事

  • 詳しいプロフィール






毎日更新ブログ「堀井雑感」にアクセス

サイト内検索


このサイトの記事は、参考情報として掲載しているものであり、その目的からあえて平易な表現や、省略した表現などを用いていることがあります。また、例外的な方法などについては言及していない場合もありますので、予めご了承ください。
したがって、記事の内容に関して、万全を期しておりますが、内容や結果を保証するものではありません。これらに起因して発生するいかなる損失についても補償しかねます。
本サイトの記事を参考に何らかの行為を実施される場合は、必ず、事前に税理士等の専門家にご相談ください。