節税の正しい視点

節税:旅費日当の制度はありますか?

節税

通常「日当」は交通費、宿泊費などとは別に支給されるもので「旅費規程」に基づいて「1日当たり***円」というように支給されます。
この「日当」は、出張の際の、食事代など「出張にいかなければ必要のなかった実費」を補てんする性格のものとして考えられています。
従って「個人の所得ではない=トクしたわけでは無い」という考え方から、所得税の課税対象にはなりません。

会社の経理処理も「旅費交通費」とするのが一般的です。
この日当の金額は、会社の規模や諸事情を考慮して決めることになりますが、例えば「社長が出張したら、一日10万円」と旅費規程に定めても、税務署は「高額だ!実費補てんの範囲を超えている!」として認めてくれないでしょう。
実際には、税理士等の専門家と相談しながら決めることが重要です。

(旅費規程のサンプル:抜粋)

(旅費の種類)
第3条 この規程でいう旅費とは次のものをいう。
一 日帰り出張旅費
二 宿泊出張旅費

(日帰り出張の日当)
第10条 日帰り出張したときは、別表1に定める区分に基づき、交通費及び日当を支給する。

(宿泊出張の日当及び宿泊費)
第11条 宿泊出張したときは、別表2に定める区分に基づき、交通費、宿泊費、日当を支給する。なお、宿泊費は、別表2の金額を上限として実費精算するものとし、やむを得ない事情がある場合は、その旨を出張精算書に記載し、社長の決裁を受けるものとする。

別表1 日帰り出張

役員 管理職 他の従業員
交通費 新幹線 グリーン車 グリーン車 普通車
在来線 グリーン車 グリーン車 普通車
飛行機 ファースト ビジネス エコノミー
船舶 1等 1等 2等
車・バス 実費 実費 実費
日当 5,000 2,500 1,000

別表2 宿泊出張

役員 管理職 他の従業員
交通費 新幹線 グリーン車 グリーン車 普通車
在来線 グリーン車 グリーン車 普通車
飛行機 ファースト ビジネス エコノミー
船舶 1等 1等 2等
車・バス 実費 実費 実費
宿泊費 25,000 12,000 8,000
日当 10,000 5,000 2,500

自社の決算書を徹底理解するチャンス!

あなたは自社の決算書を「熟読」したことがありますか?
「利益と税金」だけを見て、あとは、キャビネットに「永久保存」されていませんか?
顧問税理士に「経営目線」で納得のいく説明をしてもらっていますか?

「会計」に曖昧だと「経営」も曖昧になってしまいます。

もし、決算書を「熟読」したことがないなら、
是非「直近2期分の決算書」を持参して、
マーカスまでお越しください。

マーカスの代表・税理士、堀井が
直々に120分たっぷりと
「決算書レビュー(解説)」を「その場」で行い
「社長の決算書熟読のサポート」
を行います。

経営者として「決算書のどこを見ればいいのか?」をご理解いただけます。


  • 貴社の決算書を銀行はどう見てるか?
  • 印象は良いのか?悪いのか?
  • どんな収益構造なのか?
  • どんな財産構造なのか?
  • 安全なのか?危険なのか?
  • 今後、どうすればいいのか?

などをわかりやすく説明します。

費用は、初回に限り3万円+消費税です。

お待ちしております。

決算書熟読サポートのお申込みはこちらから

サイト内検索


このサイトの記事は、参考情報として掲載しているものであり、その目的からあえて平易な表現や、省略した表現などを用いていることがあります。また、例外的な方法などについては言及していない場合もありますので、予めご了承ください。
したがって、記事の内容に関して、万全を期しておりますが、内容や結果を保証するものではありません。これらに起因して発生するいかなる損失についても補償しかねます。
本サイトの記事を参考に何らかの行為を実施される場合は、必ず、事前に税理士等の専門家にご相談ください。