売上高

会計で経営改善:損益分岐点の計算式にダマされるな!

会計で経営改善

損益分岐点の計算式

世間一般で知られている「損益分岐点」、損益がトントンとなる売上高。
したがって「損益分岐点売上高」と、丁寧に表現されることもあります。

試しにインターネットで検索してみると、
損益分岐点売上高 = 固定費 ÷{1-(変動費÷売上高)}
と、難解な計算式が紹介してあります。

一般の人々のみならず、税理士や会計士でも、多くの人がこの計算式を「信用」しています。

この計算式、おかしくないですか??

そもそも難しい計算式

損益分岐点売上高 = 固定費 ÷{1-(変動費÷売上高)}

方程式や公式に(カッコ)が含まれると、それだけで難しい印象を受けます。
(1-(変動費÷売上高))・・・これって「限界利益率」のことです。

書き換えれば、
損益分岐点売上高 = 固定費 ÷ 限界利益率
と、極めてシンプルな公式で表現できます。

(固定費;1000万円)÷(限界利益率:20%)=損益分岐点売上高5000万円

・・・固定費が1000万円、限界利益率が20%であれば、最低5000万円の売り上げが必要ですよ!
・・・5000万円を割り込むと赤字ですよ!

という計算式です。

だから、経営者は5000万円を目指します。

おかしくないですか?

本当に、5000万円を目指すのですか?
本当に、5000万円で正しいですか?

売上は4000万円で十分!

「売上高は4000万円で十分!
 5000万円を達成したときには、250万円もの利益が出るよ!」

という経営者がいます。なぜでしょう?

この経営者は、売上の努力ではなく、限界利益率の努力をしたのです。

今まで20%だった限界利益率を
仕入れ値の見直し、価格改定によって、25%に改善したのです。

ということは・・・

(固定費;1000万円)÷(限界利益率:25%)=損益分岐点売上高4000万円

となったのです。

つまり・・・

売上高4000万円×25%=限界利益1000万円
固定費が1000万円なので、クリア。
さらに、売上を伸ばし
売上高5000万円×25%=限界利益1250万円
となったので、利益が250万円出た、ということです。

売上至上主義からの脱却

なぜ、損益分岐点売上高が「おかしい」のか、お気づきいただいたと思います。
「損益分岐点」に気を取られると、量的に売上を目指してしまいます。
もう一つ大切な「限界利益率」が「前提条件」になっているからです。

あえて、極端な言い方をすれば

「限界利益率の改善をせず、売上だけで分岐点をクリアしなければならないライン」

という、計算式なのです。

結果として、そうなる場合も多々あります。
しかし、限界利益率を意識せず、売上高だけを追いかける、という「根性経営」になる危険があります。

最悪な場合は、損益分岐点売上を目指すあまり、値引き販売(=限界利益率の低下)をするという笑えないケースも現実にあります。

もう、本末転倒ですね。

損益分岐点売上高は、評論家に任せておけばよい

冒頭の
損益分岐点売上高 = 固定費 ÷{1-(変動費÷売上高)}
という一般の計算式は、評論家や分析屋に任せておきましょう。

経営者は「損益分岐点売上高」ではなく「損益分岐点限界利益」を確認しなければなりません。

「損益がトントンとなる限界利益はいくらか?」
  ↓
「固定費をクリアする限界利益」
  ↓
「固定費はいくらか?」

だけでいいのです。

固定費以上の限界利益を出せば、黒字です。

そのための「売上高×限界利益」の組み合わせを考えるのです。

上記の例で示すと・・・
固定費が1000万円なので・・・

限界利益率20%→売上高5000万円
限界利益率22%→売上高4546万円
限界利益率24%→売上高4167万円
限界利益率26%→売上高3847万円

という具合です・

経営者がおさえておくべきポイント

  • 損益分岐点売上高に囚われるな!
  • クリアすべき固定費を把握せよ!
  • 限界利益率の改善を徹底的に考えよ!

サイト内検索


このサイトの記事は、参考情報として掲載しているものであり、その目的からあえて平易な表現や、省略した表現などを用いていることがあります。また、例外的な方法などについては言及していない場合もありますので、予めご了承ください。
したがって、記事の内容に関して、万全を期しておりますが、内容や結果を保証するものではありません。これらに起因して発生するいかなる損失についても補償しかねます。
本サイトの記事を参考に何らかの行為を実施される場合は、必ず、事前に税理士等の専門家にご相談ください。