決算書の見方

決算書の見方:誤解される決算書・・・

決算書の見方

決算書の見方・読み方で大切なことがあります。
それは「会社の事情を知らない人が見たら、誤解しないか?」という視点です。

「決算書」は、一人歩きし、知らない間に誤解を招き、あなたの会社の評価を下げてしまっていることがあります。

我々、税理士・会計事務所とは違い、銀行や税務署は、内容の詳細情報を持たず「決算書のみで判断」しなければならないから無理もありません。

さて、決算書はどんな誤解を受けるのでしょうか?

この会社、資金繰りが苦しいだろう、という誤解

資金繰りで苦しくなる最も大きな要因の一つが「回収スピード」です。
どれだけ売上が上がって、利益が出ても、入金がなければ、台所は火の車です。

一般的に、回収スピードは、次のようにして見ます。

  • 損益計算書の売上高=1億8千万円
  • 貸借対照表の売掛金=3000万円

だとすれば、
3000万円÷(1億8千万円÷12ヶ月)=2ヵ月分
というように、売掛金は、月商の何か月分か?という見方をします。
もし、売掛金残高が、3ヶ月以上あるようならば、
「回収が遅く、資金繰りが厳しい会社」
というような見方をされることがあります。

この会社、たぶん粉飾しているぞ、という誤解

「社長、不良債権はありませんか?」
 「ん?ないよ!」
「締め&回収は?」
 「20日〆の翌月末回収やで。ナンデ?」
「あ、そうですか・・・、いや、ちょっと気になって・・・」

もし、決算書の売掛金の残高が40日以上になっていたら「ツジツマが合わない」ことになります。
社長は、ちゃんと翌月に回収して、不良債権もない、と言っているにも関わらず、決算書には、それ以上の売掛金残高があるのです。
この場合、真っ先に疑われるのは「粉飾」なのです。。。

この会社、過剰在庫だ、という誤解

前述の「粉飾」の見方は、在庫でも同様です。

「社長、不良在庫はありませんか?」
 「ん?無いよ!」
「普通、どれくらいの在庫があるんですか?」
 「そやなあ~3ヶ月分もあったら充分や!」
「え?あ、そうですか・・・」

  • 損益計算書の仕入高=1億2千万円
  • 貸借対照表の在庫=5000万円

もし、社長が言うとおり、3か月分の在庫ならば、
仕入:1億2千万円÷12ヶ月×3ヶ月=3000万円
程度の在庫ということになります。
なのに、なぜ5000万円も在庫が計上されているのか?
という疑問が生じます。

そうすると、次の質問は、

「社長、デッドストックありますか?」
 「そやな~ちょっとくらいやったら、あるけど、なんで?」
「もっと多くないですか?」
 「いや、そんなもんやで!」
「期末に大目に仕入れましたか?」
 「お~そうや、決算ギリギリでちょっと多めに仕入れたなあ」
「ほな、決算日では、いつもより在庫、多いですね」
 「そうや、決算の在庫はいつもより多いはずやで」

という会話があって初めて「疑いが晴れる」のです。

まとめ

あなたの会社の決算書を見るときに「補足情報」を得た上で判断する人ばかりだと心配は要りませんが、中には、勝手に想像して、会社を判断する人が少なくありません。

ですから「決算書の一人歩きで誤解を招く」ということが無いように、金融機関など、重要な取引先には、「積極的に補足情報を発信する」ということが、重要です。

また、税務署に確定申告する際にも、あらぬ誤解から調査対象にされて、マークされる、というのも損な話です。
過去数年分の決算書を並べてみて、特別な事情があるならば、その事情を「事業概況書」に記載しておくのも一つの方法です。

外部に決算書を提出する、つまり情報提供するわけですから、出来るだけ、自社にとってメリットのある発信に心がけてくださいね。

自社の決算書を徹底理解するチャンス!

あなたは自社の決算書を「熟読」したことがありますか?
「利益と税金」だけを見て、あとは、キャビネットに「永久保存」されていませんか?
顧問税理士に「経営目線」で納得のいく説明をしてもらっていますか?

「会計」に曖昧だと「経営」も曖昧になってしまいます。

もし、決算書を「熟読」したことがないなら、
是非「直近2期分の決算書」を持参して、
マーカスまでお越しください。

マーカスの代表・税理士、堀井が
直々に120分たっぷりと
「決算書レビュー(解説)」を「その場」で行い
「社長の決算書熟読のサポート」
を行います。

経営者として「決算書のどこを見ればいいのか?」をご理解いただけます。


  • 貴社の決算書を銀行はどう見てるか?
  • 印象は良いのか?悪いのか?
  • どんな収益構造なのか?
  • どんな財産構造なのか?
  • 安全なのか?危険なのか?
  • 今後、どうすればいいのか?

などをわかりやすく説明します。

費用は、初回に限り3万円+消費税です。

お待ちしております。

決算書熟読サポートのお申込みはこちらから

サイト内検索


このサイトの記事は、参考情報として掲載しているものであり、その目的からあえて平易な表現や、省略した表現などを用いていることがあります。また、例外的な方法などについては言及していない場合もありますので、予めご了承ください。
したがって、記事の内容に関して、万全を期しておりますが、内容や結果を保証するものではありません。これらに起因して発生するいかなる損失についても補償しかねます。
本サイトの記事を参考に何らかの行為を実施される場合は、必ず、事前に税理士等の専門家にご相談ください。