マーカスの考え方・価値観

クレド(1) – 人の役に立つことを最大の喜びと感じます。

クレド

クレド(1) – 私は、人の役に立つことを最大の喜びと感じます。

税理士はサービス業?

税理士は、先生業ではなくサービス業だ、と言い始めて四半世紀。
わざわざ「先生業」を「サービス業」と言い換えてアピールしなければならないほど、かつての税理士業は、サービス精神に劣っていたのでしょう。
「私の言うことを聞いておけばいいのだ」
「あなたは、***すべきだ」
と、今でいう「上から目線」で「指導」するのが、正しい姿とされていた時代に、違和感を感じる世代が、インターネットの出現とともに発言する機会を得て「先生業ではなく、サービス業として・・・」なんてコピーを発信し始めました。1990年代の出来事です。それから四半世紀。改めて「サービス業」を考えるにあたり、自問自答したのが
「サービス業って何だ?」。それを突き詰めると、サービス業とか***業とか、どうでもよく、そもそも「人の役に立たなければならない」という原点です。

「人の役に立つこと」への姿勢

マーカスのクレド・サービスバリューを明文化するにあたり、最初のキーワードにしたのが「人の役に立つ」ということ。当たり前のことです。しかし、その姿勢を重要視しました。「喜びと感じなければならない」と、義務感で感じるものではなく、自分の心と正直に向き合い、人の役に立つことについて、本当に「嬉しい」という感情があるかどうか?が大切です。

・自分は人の役に立つことを「嬉しい」と感じるタイプか? それとも「嬉しい」と感じないタイプか?
・「プレゼント」を、する方が好きか?もらう方が好きか?
・「サプライズ」が好きか?どうでもいいか?

究極のところ「サービスっていうのは、人の幸せにどれだけ作用するか?」ってことだと思います。
サプライズ・プレゼントをワクワクしながら考えて、プレゼントした時の相手が喜ぶ姿を見て素直に喜べる人。
そんなタイプの人が「人の役に立つことを喜びに感じる」ことができるのです。

真の顧客第一主義

人の役に立つことが好きで、人の役に立ちたい、と心から思える人材の組織でありたいと思います。
お客様にとっての最適解を常に求め続け、それにより、ご満足頂き、時には、感動を呼ぶ仕事を誇りに思える人材の組織。
それこそが「真の顧客第一主義」と掲げることができるのだと思っています。

この記事を書いた マーカス代表 堀井弘三

税理士 堀井弘三
HIROMI HORII


  • 近畿税理士会東支部所属

  • マーカス経営会計事務所 代表

  • 株式会社マーカス・マネジメント 代表取締役

  • 経営管理会計アドバイザー

  • 1961年11月京都生まれ、B型、さそり座。

  • 1989年28歳で税理士登録、1999年8月37歳で大阪市北浜で独立開業

  • 趣味は、ローリングストーンズとウォーキング。

  • 毎日更新ブログ「堀井雑感」

  • インタビュー記事

  • 詳しいプロフィール






毎日更新ブログ「堀井雑感」にアクセス

サイト内検索


このサイトの記事は、参考情報として掲載しているものであり、その目的からあえて平易な表現や、省略した表現などを用いていることがあります。また、例外的な方法などについては言及していない場合もありますので、予めご了承ください。
したがって、記事の内容に関して、万全を期しておりますが、内容や結果を保証するものではありません。これらに起因して発生するいかなる損失についても補償しかねます。
本サイトの記事を参考に何らかの行為を実施される場合は、必ず、事前に税理士等の専門家にご相談ください。