貸借対照表

会計で経営改善:増資は、得か?損か?

決算書の見方

「増資」は得か?損か?

そもそも、中小企業において「増資」は、得でしょうか?損でしょうか?
(メリット)バランスシートの改善、信用力アップ
(デメリット)納税負担が増えることがある
「税負担の増加」をペイできるなら
「増資」は「自己資本を厚くする」という意味で非常に効果的な方法です。

「増資」の方法

一般的な「増資」の方法として

  1. 株主割当増資
    現在の持ち株割合に応じて既存の株主に増資を引き受けてもらう方法。
    増資後も持株割合(株主比率)は変わらない。

  2. 第三者割当増資
    現在の持ち株割合にかかわらず、
    既存株主や新しい株主に増資を引き受けてもらう方法。
    増資後は持株割合が変わる。
    発行価格によって贈与税等が課税される場合がある。

という二つの方法があります。
いずれにしても「増資」によって、持株割合がどうなるか?ということについて充分検討する必要があります。
資金を出してくれるから、という安易な理由で株式を発行するのは将来のトラブルの火種を作ることになりかねません。

資金不要の「増資」

一般に「DES(デッドエクイティースワップ)」と言われる方法があります。
資金が要らない増資の方法です。
簡単に言えば、「社長からの借入金を資本金にしてしまう」という方法です。
当然ながら、社長は会社からの返済を諦めなければなりませんが、自己資本を改善する最も簡単な方法です。

マーカスの考え方

資金を出してくれる人は、誰でも株主として招き入れることが可能です。
しかし、同時に「議決権」を始めとする株主の権利も付与することになります。
株式公開を予定しない限り、株主は「社長一人」が最も「現実的」と我々は考えています。
気心知れた間柄の人に出資をお願いし、相互に信頼関係で結ばれているからトラブルはない、というケースでも、いずれ「相続」があり、遠い将来、お互いに顔も知らない同士が株主となり「おじいちゃんの世代の信頼関係」は、姿を消してしまう・・・ということが少なくありません。
「火種」は無いに越したことはありません。
「増資資金」は、社長お一人で捻出されることを我々はお勧めしています。

自社の決算書を徹底理解するチャンス!

あなたは自社の決算書を「熟読」したことがありますか?
「利益と税金」だけを見て、あとは、キャビネットに「永久保存」されていませんか?
顧問税理士に「経営目線」で納得のいく説明をしてもらっていますか?

「会計」に曖昧だと「経営」も曖昧になってしまいます。

もし、決算書を「熟読」したことがないなら、
是非「直近2期分の決算書」を持参して、
マーカスまでお越しください。

マーカスの代表・税理士、堀井が
直々に120分たっぷりと
「決算書レビュー(解説)」を「その場」で行い
「社長の決算書熟読のサポート」
を行います。

経営者として「決算書のどこを見ればいいのか?」をご理解いただけます。


  • 貴社の決算書を銀行はどう見てるか?
  • 印象は良いのか?悪いのか?
  • どんな収益構造なのか?
  • どんな財産構造なのか?
  • 安全なのか?危険なのか?
  • 今後、どうすればいいのか?

などをわかりやすく説明します。

費用は、初回に限り3万円+消費税です。

お待ちしております。

決算書熟読サポートのお申込みはこちらから

サイト内検索


このサイトの記事は、参考情報として掲載しているものであり、その目的からあえて平易な表現や、省略した表現などを用いていることがあります。また、例外的な方法などについては言及していない場合もありますので、予めご了承ください。
したがって、記事の内容に関して、万全を期しておりますが、内容や結果を保証するものではありません。これらに起因して発生するいかなる損失についても補償しかねます。
本サイトの記事を参考に何らかの行為を実施される場合は、必ず、事前に税理士等の専門家にご相談ください。