貸借対照表

会計で経営改善:事実上の「無借金経営」を目指す!

会計で経営改善

実質借入金、という見方

「実質借入金」について考えてみましょう。

・現金預金の残高が、1000万円
・銀行借入金の残高が、2000万円

と言う場合、ありったけの現金で返済しても、
まだ、半分の借金が残ります。

この残った借金をマーカスでは「実質借入金」と呼んでいます。

もし、これが、逆ならば、
全部返済しても、
まだ、キャッシュが残るので合格です。

そこで、貴社の決算書(貸借対照表)を確認してみてください。

貴社の「実質借入金」は、いくらですか?

もし、この「実質借入金」が残るなら、
それをゼロの状態である「無借金経営」まで、
あと何年かかるでしょうか?

残念ながら、借金を減らす方法は限られています。

  1. 返済して減らす(あたりまえ)
  2. スポンサーを見つけ、増資して返済に充てる
  3. バンザイして免除してもらう

さて、どれにしますか?
・・・といっても、実際には(1)しかないですよね?

では、返済する為には・・・

1)資産を売却して、その代金で返済に充てる
2)稼いで、その利益で返済する

の二つです。

これも
(1)は、限られています。実際には・・・
(2)稼いで返す!しか、ありません。

また、返済に充てる「利益」は「税引後利益」なので、
稼いだ利益の40%が法人税等とすれば、
残りの60%が返済原資と言うことになります。

無借金経営まであと何年?

では、目指すところの「無借金経営」まで何年かかるでしょうか?

(事例)
 現金預金残高=4000万円
 銀行借入金=1億円
 税引前当期利益=2000万円

(計算)
 実質借入金=1億円-4000万円=6000万円
 税引後利益=2000万円×(1-40%)=1200万円

(「無借金経営」までの期間)
 実質借入金÷税引後利益
 6000万円÷1200万円=5年

 と、いうことになります。

 さて、貴社は、無借金経営まで何年ですか?

自社の決算書を徹底理解するチャンス!

あなたは自社の決算書を「熟読」したことがありますか?
「利益と税金」だけを見て、あとは、キャビネットに「永久保存」されていませんか?
顧問税理士に「経営目線」で納得のいく説明をしてもらっていますか?

「会計」に曖昧だと「経営」も曖昧になってしまいます。

もし、決算書を「熟読」したことがないなら、
是非「直近2期分の決算書」を持参して、
マーカスまでお越しください。

マーカスの代表・税理士、堀井が
直々に120分たっぷりと
「決算書レビュー(解説)」を「その場」で行い
「社長の決算書熟読のサポート」
を行います。

経営者として「決算書のどこを見ればいいのか?」をご理解いただけます。


  • 貴社の決算書を銀行はどう見てるか?
  • 印象は良いのか?悪いのか?
  • どんな収益構造なのか?
  • どんな財産構造なのか?
  • 安全なのか?危険なのか?
  • 今後、どうすればいいのか?

などをわかりやすく説明します。

費用は、初回に限り3万円+消費税です。

お待ちしております。

決算書熟読サポートのお申込みはこちらから

サイト内検索


このサイトの記事は、参考情報として掲載しているものであり、その目的からあえて平易な表現や、省略した表現などを用いていることがあります。また、例外的な方法などについては言及していない場合もありますので、予めご了承ください。
したがって、記事の内容に関して、万全を期しておりますが、内容や結果を保証するものではありません。これらに起因して発生するいかなる損失についても補償しかねます。
本サイトの記事を参考に何らかの行為を実施される場合は、必ず、事前に税理士等の専門家にご相談ください。