税理士

「知識」の価値が下がっていることに気付け!

税理士という職業

「よく知っている人」
「たくさん経験している人」

って「多くの知識」によって重宝されましたが
昨今「ググる」ことで、多くが解決するので
どんどん「知識」の商品価値が低くなっているな、と思います。

かつて、税理士は
「税金のことをよく知っている専門家」として
一定の価値があったかもしれません。

しかし、今は、大抵のことはネットで調べれば
てっとり早く、正確な情報を得ることができます。
それも「無料」で。

「知っていること」の価値は、どんどん低下しています。

ますます「知恵」「アイデア」など
「知識」を「二次加工」「三次加工」しなければ
必要とされない時代になったと、
つくづく思います。

この記事を書いた マーカス代表 堀井弘三

税理士 堀井弘三
HIROMI HORII


  • 近畿税理士会東支部所属

  • マーカス経営会計事務所 代表

  • 株式会社マーカス・マネジメント 代表取締役

  • 経営管理会計アドバイザー

  • 1961年11月京都生まれ、B型、さそり座。

  • 1989年28歳で税理士登録、1999年8月37歳で大阪市北浜で独立開業

  • 趣味は、ローリングストーンズとウォーキング。

  • 毎日更新ブログ「堀井雑感」

  • インタビュー記事

  • 詳しいプロフィール






毎日更新ブログ「堀井雑感」にアクセス

サイト内検索


このサイトの記事は、参考情報として掲載しているものであり、その目的からあえて平易な表現や、省略した表現などを用いていることがあります。また、例外的な方法などについては言及していない場合もありますので、予めご了承ください。
したがって、記事の内容に関して、万全を期しておりますが、内容や結果を保証するものではありません。これらに起因して発生するいかなる損失についても補償しかねます。
本サイトの記事を参考に何らかの行為を実施される場合は、必ず、事前に税理士等の専門家にご相談ください。

コメントを残す