経営改善の考え方

会計で経営改善:部門別会計のススメ

会計で経営改善

部門別会計とは?

「部門別会計」は「事業別」「地域別」「店別」などが一般的によく知られているところです。
「会社の数字」を「部門別の数字」に分解し
「どの部門が稼いでいるのか?」
「どの部門に問題があるのか?」

などの経営情報を得るために活用する会計の手法です。

「黄金比率」を改善するにあたり、
「部門別会計」は、非常に重要なツールとなります。

例えば・・・

 人的コストの限界利益比率が、35%だとします。
 黄金比率は「30~40%」なので
 35%は、理想的な値です。

 しかし、これを部門別に計算したところ
 A店:30%+B店:40%
 だとすれば、実はB店に課題があることが発見できます。

つまり、部門別会計にすることで
課題を発見しやすくなるのです。

会社の収益体質を「黄金比率」に近づけるため
是非、ご検討ください。

マーカスでは、この「部門別会計」の設計や運用のサポートを行っています。

目的が重要

この「部門別会計」ですが、その設計にあたって「目的」を明確化することが非常に重要です。

その目的は大きく「業績」または「評価」の二つに分かれます。

つまり、その部門の正確な業績把握が目的なのか、
または、業績に連動した賞与など、人事評価を目的とするのか、によって、その設計の方法が変わります。

前者は「できるだけ正確な実績を把握する」ための制度設計になります。
後者は「できるだけ公平、平等な条件での計算をする」ための制度設計となるのです。

例えば、多店舗展開しているチェーン店で制度設計する場合、
前者は「減価償却費」や「地代家賃」は、実額を計上します。
一方、後者の場合、店長の裁量が及ばないこれらのコストは部門に負担させず、それに代わる「本部上納金」等で部門間の公平性を保ちます。

導入にあたってのポイント

この「部門別会計」を導入する場合、意外と盲点になっているのは「現場の声」です。
多くの企業において、この仕事は「経営陣」や「経営企画室」などによって設計、導入されるのですが、
リリースしても「笛吹けど踊らず」。

つまり、現場の声が十分反映されていないと「白けた制度」となるケースがあります。
制度設計にあたっては
「どんな数字で把握すべきか」
「どんなルールで評価されたいか」
などの現場の声、希望、要望をできるだけ反映した制度にすることが、上手に運用する秘訣です。

マーカスでは、経営陣のご希望を踏まえた上で、
各部門長へのインタビュー等を通じ「机上の空論」にならないよう、
リアリティーのある部門別会計システムの設計・導入・運用をサポートしています。

自社の決算書を徹底理解するチャンス!

あなたは自社の決算書を「熟読」したことがありますか?
「利益と税金」だけを見て、あとは、キャビネットに「永久保存」されていませんか?
顧問税理士に「経営目線」で納得のいく説明をしてもらっていますか?

「会計」に曖昧だと「経営」も曖昧になってしまいます。

もし、決算書を「熟読」したことがないなら、
是非「直近2期分の決算書」を持参して、
マーカスまでお越しください。

マーカスの代表・税理士、堀井が
直々に120分たっぷりと
「決算書レビュー(解説)」を「その場」で行い
「社長の決算書熟読のサポート」
を行います。

経営者として「決算書のどこを見ればいいのか?」をご理解いただけます。


  • 貴社の決算書を銀行はどう見てるか?
  • 印象は良いのか?悪いのか?
  • どんな収益構造なのか?
  • どんな財産構造なのか?
  • 安全なのか?危険なのか?
  • 今後、どうすればいいのか?

などをわかりやすく説明します。

費用は、初回に限り3万円+消費税です。

お待ちしております。

決算書熟読サポートのお申込みはこちらから

サイト内検索


このサイトの記事は、参考情報として掲載しているものであり、その目的からあえて平易な表現や、省略した表現などを用いていることがあります。また、例外的な方法などについては言及していない場合もありますので、予めご了承ください。
したがって、記事の内容に関して、万全を期しておりますが、内容や結果を保証するものではありません。これらに起因して発生するいかなる損失についても補償しかねます。
本サイトの記事を参考に何らかの行為を実施される場合は、必ず、事前に税理士等の専門家にご相談ください。