決算書の見方

決算書の見方:会社を”シャブ漬”にするな!

決算書の見方

「借入金」には3種類ある

借入金は、大きく「3種類」に分けることができます。
借入金
1)運転資金借入
2)設備資金借入
3)赤字補てん借入
それぞれに注意点がありますので、整理しておきましょう。

運転資金と価格競争力

運転資金借入は、文字通り「運転資金の為の借入」であり、売掛金・在庫・買掛金のタイムラグを補うための借入金です。
事業が拡大傾向にある時は特に「資金需要は旺盛」になります。
販売拡大に伴い、売掛金や在庫は増加傾向にあり、資金がタイトになってきます。

この場合の注意点は「金利」です。

もし、ライバル企業が「自己資金」でビジネスをしている場合、金利負担の分だけ「価格競争」において不利になります。「より低利の資金」で運転資金を賄うことが重要です。

設備資金と償却期間

設備資金として借入する場合の注意点は「借入期間」です。
例えば、耐用年数が5年の設備に投資する場合、もし、5年を超える資金を使うと、理論上、その設備が無くなっても借金は残る、ということになります。
そうすると、その次の設備は、二重ローンとなり、資金繰りが悪化することになります。
理想は、償却期間の7割程度の期間で返済できる計画で検討することです。
なぜなら、不動産を除き、定率法で減価償却するため、耐用年数の7割程度の期間で大半の償却が終わるからです。
もし、それが「苦しい」ということであれば、そもそも「過剰投資」でないかどうかを慎重に検討する必要があります。

赤字補填は・・・麻薬

事業が不調で、資金繰りが苦しい時・・・喉から手がでるくらい、資金需要が高まります。
最悪の場合「赤字を埋めるため」に融資を受けることがあります。

これは「正解」でしょうか?

一般的に「赤字補てんの資金」は、借りるべきではありません。
また、そうなる前に、つまり、「廃業資金」がある間に事業の継続を慎重に検討しなければなりません。

赤字体質を改善することなく苦し紛れで借金を重ねる、ということは避けなければなりません。

苦しい時の借金は「一息つける」という意味で「麻薬」のごとき、です。
冷静になれば簡単なことですが、赤字が続くということは、いずれ「禁断症状」に見舞われます。
赤字補てんの為に借入が許されるケース、それは、何らかの理由で「一時的な赤字」が発生したが、事業そのものは「黒字」という時です。

以上ですが、貴社の借入金を今一度、見直してみてください。

経営者が覚えておくべきキーワード

  • その借金、薬?それとも毒?会社をシャブ漬けにするな!

自社の決算書を徹底理解するチャンス!

あなたは自社の決算書を「熟読」したことがありますか?
「利益と税金」だけを見て、あとは、キャビネットに「永久保存」されていませんか?
顧問税理士に「経営目線」で納得のいく説明をしてもらっていますか?

「会計」に曖昧だと「経営」も曖昧になってしまいます。

もし、決算書を「熟読」したことがないなら、
是非「直近2期分の決算書」を持参して、
マーカスまでお越しください。

マーカスの代表・税理士、堀井が
直々に120分たっぷりと
「決算書レビュー(解説)」を「その場」で行い
「社長の決算書熟読のサポート」
を行います。

経営者として「決算書のどこを見ればいいのか?」をご理解いただけます。


  • 貴社の決算書を銀行はどう見てるか?
  • 印象は良いのか?悪いのか?
  • どんな収益構造なのか?
  • どんな財産構造なのか?
  • 安全なのか?危険なのか?
  • 今後、どうすればいいのか?

などをわかりやすく説明します。

費用は、初回に限り3万円+消費税です。

お待ちしております。

決算書熟読サポートのお申込みはこちらから

サイト内検索


このサイトの記事は、参考情報として掲載しているものであり、その目的からあえて平易な表現や、省略した表現などを用いていることがあります。また、例外的な方法などについては言及していない場合もありますので、予めご了承ください。
したがって、記事の内容に関して、万全を期しておりますが、内容や結果を保証するものではありません。これらに起因して発生するいかなる損失についても補償しかねます。
本サイトの記事を参考に何らかの行為を実施される場合は、必ず、事前に税理士等の専門家にご相談ください。