よくあるお問合せ

顧問税理士をマーカスに変更したい

税理士顧問契約、税理士報酬などについて、よくあるご質問、お問い合わせ

現在の顧問税理士を解除して、マーカスにお願いしたいのですが。。。
当社は、長年お世話になっている顧問税理士がいますが、当社のニーズになかなか対応してくれないので、マーカスに変更しようと考えているのですが、いかがでしょうか?

なぜ、解除するのですか?

なぜ、税理士の交代をお考えですか?
もし、下記のような理由なのであれば是非マーカスにお越しください。

  • 顧問料に見合うサービスではない
  • 毎月の業績が分からない
  • 節税提案が少ない
  • 税務署と戦ってくれない
  • 銀行対策を指導してくれない
  • 相談しづらい
  • 対応が遅い
  • 経営の相談ができない
  • 積極的な提案がない
  • 資金繰りのアドバイスをくれない
  • 中期長期の視点で考えてくれない

いかがでしょうか?該当するようであれば、是非、マーカスにお越しください。

ただ、その前に・・・

残念ながら、税理士を交代しても失敗するケースがあります。

ズバリ「費用」のことです。

一つの例をご紹介すると・・・

「今の税理士は経営の相談に乗ってくれない」
「顧問料はいくらですか?」
「毎月3万円を払ってる!」

おそらく3万円であれば「一般的な回答」であり、貴社の個別事情を踏まえた「的確な回答」を望むには無理があります。
むしろ「無責任な回答」になってしまう危険性すらあります。

「今の税理士にもう少し支払えば、あなたの要望に応えてくれるかも知れませんよ?」
「いや、3万円以上は払いたくない」

このような例が意外と少なくありません。

高級料亭で1000円しか支払わないのに「懐石料理」をオーダーしているが如くです。

「良いサービス」を得るには「見合ったコスト」が必要です。
「費用に見合うサービスなのか?」
の視点が抜けているとどんな税理士に交代しても問題は解決しないでしょう。

我々は、お客様のニーズをお聞きしてからお見積りをご提案します。
マーカスは、同業他社に比較して少々割高、と感じられることが少なくないようです。
しかし、お付き合いが深まるにつれ「安い!」というお声をたくさん頂戴しています。

税理士は貴社の経営にも影響するサービスです。
是非、慎重にご検討いただきますよう、よろしくお願いいたします。

この記事を書いた マーカス代表 堀井弘三

税理士 堀井弘三
HIROMI HORII


  • 近畿税理士会東支部所属

  • マーカス経営会計事務所 代表

  • 株式会社マーカス・マネジメント 代表取締役

  • 経営管理会計アドバイザー

  • 1961年11月京都生まれ、B型、さそり座。

  • 1989年28歳で税理士登録、1999年8月37歳で大阪市北浜で独立開業

  • 趣味は、ローリングストーンズとウォーキング。

  • 毎日更新ブログ「堀井雑感」

  • インタビュー記事

  • 詳しいプロフィール






毎日更新ブログ「堀井雑感」にアクセス

サイト内検索


このサイトの記事は、参考情報として掲載しているものであり、その目的からあえて平易な表現や、省略した表現などを用いていることがあります。また、例外的な方法などについては言及していない場合もありますので、予めご了承ください。
したがって、記事の内容に関して、万全を期しておりますが、内容や結果を保証するものではありません。これらに起因して発生するいかなる損失についても補償しかねます。
本サイトの記事を参考に何らかの行為を実施される場合は、必ず、事前に税理士等の専門家にご相談ください。