なぜ、節税するのですか?節税の正しい視点!

節税の正しい視点

節税:将来に繋がる節税チェックリスト

節税

節税すれば、どんどんキャッシュが減っていく? (税理士)「社長、なぜ、節税したいのですか?」 (経営者)「もちろん、キャッシュがもったいないからだよ」 (税理士)「どんな、節税を考えているのですか?」 (経営者)「たとえ […]

節税の正しい視点

節税:荒業?決算期の変更

節税

突発的な利益が出て、決算までの時間もあまりなく、充分な節税対策が打てない、 というような場合、少々「荒業」ですが、決算期の変更を検討します。 例えば、3月決算の会社で、1月に大きな利益が計上されることとなった場合、 思い […]

節税の正しい視点

節税:「中小企業倒産防止共済」に加入していますか?

節税

「中小企業倒産防止共済」とは、取引先の倒産により、売掛金の回収が困難になり、たちまち資金繰りが悪化・・・そんな不測の事態に備えるための共済制度です。掛金は損金(必要経費)処理できるため、節税をしながら貯蓄ができます! ( […]

節税の正しい視点

節税:旅費日当の制度はありますか?

節税

通常「日当」は交通費、宿泊費などとは別に支給されるもので「旅費規程」に基づいて「1日当たり***円」というように支給されます。 この「日当」は、出張の際の、食事代など「出張にいかなければ必要のなかった実費」を補てんする性 […]

節税の正しい視点

節税:「雑な決算」で損をしてませんか?

節税

雑な決算をやめるだけで節税できる 世間で「節税」といわれる様々な方法ですが、そのほとんどが「当たり前」のことです。 つまり、きめ細かく「正しい決算」をしていれば、当然の納税額で済むところ「雑な決算」だから、余分な税金を納 […]

節税の正しい視点

節税:短期前払費用で納税を先送りする

節税

家賃やリース料など、毎月支払っている費用を期末に年払いすると、その全額を費用として計上できる場合があります。 (事例)来期の家賃、20万円×1年分=240万円を支払った場合。 原則 例外 仕訳 (前払費用)240万円/( […]

節税の正しい視点

節税:最も有利な役員報酬に設定する

節税

役員報酬を 取る前の 会社の利益 → 役員報酬 → 所得税等 ← この合計を 最小にすること → 会社の利益 → 法人税等 ← オーナー企業の場合、特に社長ファミリーの役員報酬は比較的自由に決めることができます。 役員報 […]

節税の正しい視点

節税:固定資産の取得価格は最小にしていますか?

節税

車両や備品などの固定資産を取得したときの諸経費は、取得価額(資産)に含めず、その時点で損金に落とせるものがあります。 (事例)自動車を購入した場合 購入明細 原則 例外 本体価格 500万円 → 資産計上 資産計上 諸経 […]